HOME >北イタリア・ビエッラ

Biella
名門生地産地ビエッラ


高級生地産地として名高い街・ビエッラ

コムネディビエッラ美しいシルクプリントの産地としてミラノの北にあるCOMOコモは風光明媚な別荘地としても世界に知られています。一方ビエッラは一般的に知られていない街ですが、イタリアの仕立て業界で”ビエッラ生地”と言えば”最高級”を意味します。世界的なラグジュアリーアパレルメーカーに成長したエルメネジルド・ゼニアの前身、オリジンこそ”ビエッラのLanificio織元”なのです。
(ちなみにイタリア語でウール羊毛はLana)

イタリア版ゼニア、カノニコ、デルフィーノ、ヴァレンティノなどアヴァンクラシコの生地コレクション一覧はこちら

ビエッラはどこに?

イタリア・ビエッラの地図
古くからピエモンテ州ビエッラの地場産業である”ウール毛織物産業”、地理的にミラノとトリノとちょうど三角形の頂点の位置に。イタリアは1861年ヴィットリオエマヌエーレ2世に統一されるまで、日本の戦国時代のように各地方に公国が築かれていました。トリノはフランス系のサヴォイア公国、ミラノはミラノ公国と中世から栄えていた都市とアルプスを控えたビエッラが高級毛織物産地として成長した背景が容易に想像できます。

特徴的な美しい生地やお仕上がりの写真をブログにも掲載しています
Tessuto Ermenegildo Zegna イタリア版ゼニア生地
ANTEPRIMA Tessuto Ermenegildo Zegna イタリア版ゼニア・アンテプリマ
Fratelli Tallia di Delfino デルフィーノ生地
Valentino ヴァレンティノ生地