HOME>モテるシャツとは >上質なシャツの見分け方2

Camicia Su Misura
上質なシャツの見分け方2

着心地も上質、手間暇のかかる贅沢縫製テクをご紹介

オフセットスリーブ

テイラードジャケットの縫製のように機能性が高く脇の下がほつれづらい強度丈夫さを実現。
腕を動かした時、スムースで、シャツ全体が上にあがることがないようアームホールは小さく高くあるべき。テイラードジャケットの工程のようにアームホールへ袖を挿入するのが上質なシャツの仕立て。標準のシャツでは本体の脇からカフスまでを一連の工程で縫う。この工程だとアームホールの位置が深く(下)にある必要があり、腕を上げた時にシャツ全体が上に上がりやすい。
高価なブランドのシャツの脇の下を確認してみてください、この価格でも一直線縫いか!!に驚きます。オフセットスリーブは手間の

3o巻縫い

イタリアで開発された、肌にソフトな感触を与えるエレガントな工程
袖とサイドの縫い目を2つの異なるシングルステッチで縫い(2本の針で一度にマシンで縫うのではなく)強度が増す。低価格大量生産の場合は労働時間が増えることになるので、それゆえにコストを下げるために犠牲になる技術

根巻きボタン

ボタンが留めやすい外しやすい、強度もあり

<<上質なシャツの見分け方1  上質なシャツの見分け方3>>

一瞬で伝わる本物ディテール

着心地も上質〜贅沢な手間暇のかかる縫製

丈夫さは贅沢、補強技

AVAN CLASSICOアヴァンクラシコ東京渋谷 Su Misuraオーダーメイドジャケット
CAMICIA SU MISURA
カミーチャ・スミズーラ
上品お洒落なシャツをオーダー