HOME >立体ボディ採寸

立体ボディ採寸

AVANCLASSICOでは顧客の骨格と筋肉を生かし古代ローマ彫刻のようなバランス良く男性らしいラインを立体ボディ採寸で可視化しています。

イタリアの街中には、古代ギリシャやローマ時代からのリアルかつ理想的な人間のカラダの究極の美を追求した彫刻が溢れています。イタリアのパターンが美しいのは、何千年もDNAに受け継がれてきた”人の身体は美しい”の認識、”美しい人体をより美しく見せるパターン”が生まれるのも当然。平面的な日本人の体型でスーツを着こなすには、立体が最重要。

お一人お一人の骨格をより立体的に活かします。
学生時代や今現在されているスポーツによる筋肉の付具合をより男性らしく見せます
欠点をカバーするのでなく、トータルでの”視覚効果”を活用。
解剖生理を学んだオーナー松川ならではロジックに基づいた採寸
画期的、オーダーごとに最適なラインづくり対応します。
お一人に一つだけの型ではありません。
例えば、スーツでも、目的により魅せ方が異なります、例えば、
・国際会議にスピーカーとして出席
・テレビ出演向け
・日々のビジネス
・ジャケットパンツのスタイル
4つの場面ごとに最適な生地を選ぶのは勿論、型もスタイルごとにカスタマイズ